バイクに乗る人にはとってもお得、それはファミリーバイク特約

LINEで送る
Pocket

車を運転するならば自動車保険に参加しなくてはなりませんが、最近の自動車保険は様々なサービスが付帯されていますのでそれらのサービスをパフォーマンス良く活用しないと自動車保険料が高くなってしまいます。

特にこのところでは危険性細分型自動車保険をとっている法人が多々あるのでそれらの情報を集め、うまく使用しないと多額な自動車保険料となってしまいます。

そのようなサービスの一つにファミリーバイク特約があります。

ファミリーバイク特約とは手っ取り早くに言うと自動車保険の時、車を運転しているケースにしか適応されませんが、このサポート中身をバイクを運転する場合にも適応させるオプションです。

その上このファミリーバイク特約は本人に限ったものではなく、殆どの時は世帯に適応されますので、自らがバイクを運転するケースもそうですが、奥さんや娘がバイクを運転するケースだって適応されますので大変有益な自動車保険となっています。

自動車保険に参加している人でバイクを運転する機会がある人には大いにリーズナブルなオプションになっています。

通常、バイクを運転するケースは車と同じくに保険に加入する不可欠がありますが、別途でバイク保険に参加するとかなりのプライスがかかってしまいます。

しかしながら、自動車保険にこのファミリーバイク特約を付帯すると驚く位安い保険料で参加する事ができます。

ファミリーバイク特約は125cのバイクまで活用する事ができますので、ありきたり自動車の免許で運転する事が可能な50ccのバイクは勿論の事、もう少し大きいバイクだって格安の自動車保険料で参加する事ができます。

バイクを運転する人にとって骨が折れるなのがバイク保険ですが125ccのバイクならばお金の不安をする事なく好きなバイクに乗る事ができます。

ファミリーバイク特約の良い面はこれだけではないのです。安い合宿免許

125ccバイクならば何台所有していても結びつきないのですし、自分のバイクではなく他人のバイクを運転していても平気です。

また、家族が何人バイクに乗っていても保険料は同じですし、年齢制限もないのです。

その上、例え事故を起こしてしまった時でも、自動車事故ならば等級が下がってしまいますが、バイク事故の事例は等級が下がる気がかりがありません。

更には遠く離れた場所に住んでいる世帯であっても適応されますのでこんな実用的な自動車保険はありませんよね。

ただし、配慮する事もあります。

普通のファミリーバイク特約は搭乗者傷害保険が受けられませんので運転者や二人乗りをしていたときの同乗者の治療費を支払ってもらう事が出来ません。

とはいっても、世帯外の人ならば支払われる事例もあるようですので、保険中身は予め調査しておく不可欠があります。

バイクを運転するならば自動車保険のファミリーバイク特約は大変安上がりなサービスですよ。